ニュースNEWS

バッテリーの減り改善①

2018年1月29日

メイン画像

こんにちは!!明石駅から徒歩2分iPLaNT明石駅前店です(‘ω’)ノ
今回はバッテリーの消耗が早いお客様の為に改善方法を教えます!!

チェックポイントは6つ!
iOS11をインストールしたiPhoneやiPadのバッテリーが早く減る場合にチェックしたいポイントを6つ、ご紹介します。

先日、セキュリティ企業のWanderaが、50,000人のユーザーを対象とした調査した結果、バッテリーの残量が100%から0%になるまでの時間が、iOS10では平均240分だったのが、iOS11では96分にまで短くなっている、とのデータを公表しています(; ・`д・´)


1:アプリごとのバッテリー消費状況を知る、改善策をやってみる
設定アプリから「バッテリー」メニューを開くと、バッテリーを多く使っているアプリのリストが表示されます。時計マークをタップすると、画面上とバックグラウンドのバッテリー消費の内訳もチェックできます。

そして、同じ画面に「バッテリー駆動時間の改善策」が提案されていますので、すぐに実行することもできます(^^♪

2:低電力モード
低電力モードをオンにすると、メールの取得、Hey Siri、アプリのバックグラウンド更新など、バッテリー消費に影響の大きい動作を制限してバッテリーの持ちよくなります(*^▽^*)


日常的に使う機能ではありませんが、バッテリー残量がヤバイ( ;∀;)という時に役立つ機能です!!


設定アプリから「バッテリー」メニューで操作できるのに加え、iOS11でデザインが刷新されたコントロールセンターをカスタマイズして、ボタンを登録しておくこともできます。

3:自動ロックと画面の明るさ
最初にチェックしたバッテリー使用状況で、「ホーム/ロック画面」の消費率が高い場合、画面を自動ロックするまでの時間を見直してみましょう。設定アプリから「画面表示と明るさ」で変更できます。


バッテリーの持続時間を優先するなら、最短の「30秒」がオススメですが、お客様の使用状況によって変えたりもできます( *´艸`)


また、画面の明るさを下げるのもバッテリー消費の改善に効果的です(/・ω・)/

また、次にもう3つ紹介の方をしようと思います(^^♪

【店舗情報】
〒673-0892
明石市本町1-2-23 K’sビル3F
営業時間: 10:00~19:00
定休日: 水曜日
LINE ID: @efe2494h
Tel. 078-915-8414

店舗案内

修理以外の事でもお気軽にご相談ください。


メールアイコン メールでのお問い合わせはこちら